さいたま市で注文住宅・分譲住宅を購入するのにおすすめ!【口コミで評判の工務店・ハウスメーカー人気ランキング!】

セミオーダーで注文住宅を建てるときのポイントと注意点

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/10/14

さいたま県は東京を含む首都圏内に位置する街で、都会の利便性と程よく存在する自然が特徴の、ファミリー世帯を中心に人気のある土地です。住みやすい土地ということからも、さいたま県でセミオーダー形式の注文住宅を購入しようと検討する方も多く存在しますが、その際の注意点とポイントを頭に入れておく必要があります。

建築自由度が限られているセミオーダー住宅

注文住宅には主に2つの形式が存在します。家の外観から間取りといった内観まで全てを施主の希望を反映させることが可能なフルオーダーによる注文住宅と、風呂やトイレにキッチン、家の外壁の色など住宅の一部分を施主の好み通りに仕上げることができるセミオーダー住宅の2つの形式です。

フルオーダーの場合であれば、マイホームに纏わる全ての要素を施主の希望通りに完成させられるメリットがあります。セミオーダーの場合であれば住宅の一部分のみでしか希望を反映させることができないため、完全に自分の理想に沿った家造りをしたい方には不向きと言えます。

それでも建売住宅よりは自由度は高いですが、0から住宅を建設会社と共に構築していくフルオーダーとは違い、セミオーダー形式はある程度の自由度しかありません。

家は簡単に購入したり、買い換えたりを安易に行うことができない、一生に一度の大きな買い物とも言えるため、憧れのマイホーム建築の際は後悔なく仕上げたいと考えるのが当然です。建売住宅よりも自由度が高くフルオーダー住宅よりもコスト面での負担が少ないという、この両者の良いとこ取りがセミオーダーの特徴でもあります。

予算を大きくオーバーする可能性もあるため計画的に建てましょう

注文住宅は自由度の高い設計が可能なため、自身の理想を叶えようと住宅の色々な箇所で希望を反映させようとしてしまい、結果的に予算を大きくオーバーしてしまうこともよくあります。セミオーダー住宅は、フルオーダー住宅よりも予算的な負担が少なく購入できる住宅ですが、建設の際に注文するオーダーによっては購入予算を大きく上回ってしまうこともあるため、経済的に無理のない範囲で計画するのが大切です。

自身の希望を実現させようと、間取りや設備の変更など住み良い住環境に構築しようとするあまり、後のローンの支払いで苦慮してしまうケースも多く、下手をすると生活が困窮してしまう事態に発展します。そのため、施工を担当する建築会社と打ち合わせを重ね、予算が許す範囲内で無理なく計画的に理想のマイホームを構築する必要があります。

住み良い住環境を手に入れるためのマイホームを購入するのに、その後の生活が苦しくなってしまっては元も子もありません。どうしても譲れない箇所だけをピックアップし、無駄の無い施工を実施するのが大切です。

完成するまで理想の家造りの気持ちを途切れさせない

フルオーダー住宅よりも建設の手間がなく、完成するまでの時間が短めなセミオーダー住宅とはいえ、実際に居住可能になるまで膨大な時間が必要ということは忘れてはなりません。セミオーダー住宅も、建築会社と施主が連携をとりつつ理想のマイホームを仕上げる共同作業になるため、マイホームが完成して引き渡されるまで連携する必要があります。

フルオーダー住宅よりも比較的マイホーム完成までの期間が短くて済むのもセミオーダー住宅のメリットです。しかし、一部分だけとは言え建築による手を加えてから施主に引き渡すため、それまでの期間に建築会社との打ち合わせや建築過程の内見など、施主側にも手間がかかります。

建築会社との二人三脚で完成に導くのが大きなメリットですが、それら工程を煩わしく感じてしまうときや、完成までの時間が長引き過ぎてしまうと、理想の住宅造りに対しての気持ちが途切れてしまう恐れがあります。そうなってしまっては、住宅に対するアイデアや提案にも手抜きが発生してしまい、結果的に理想とは程遠い仕上がりになってしまう恐れもあるため、完成するまでの気持ちを持続させるのが大切です。

自由度がフルオーダーよりも劣るため再び手を加える必要性もある

セミオーダー住宅は住宅の基礎となる部分は予め完成されており、部屋の間取りや住宅設備の変更などの一部分だけを施主の希望通りにできるというのが特徴です。全てを1から造り上げるフルオーダー住宅とは違い、居住可能になるまでの期間も短く、値段も比較的購入しやすいなどのメリットが存在します。

その反面、初めから施主の希望全てを反映させた住宅造りにしにくい点が難点として挙げられます。フルオーダーの場合であれば、家全体を無の状態から細部に至るまで建築会社と打ち合わせを重ねることで、将来を見据えた住宅造りをしやすく、例えば出産などで家族構成に変化が出た場合にも住環境に弊害が出ない住環境を構築しやすいなどのメリットが存在します。

また、建築素材も選定することが可能なため、耐震性や耐火性に強い仕上がりにできるなど、住宅建設のスタート時点での自由度も非常に高いです。セミオーダーも建築自由度の幅広さが特徴ですが、フルオーダーよりも劣ります。後に改善したい箇所が発生した場合には改めて工事に着工するなど、再び手間をかけなければならないこともあるかもしれません。

建築会社やスタッフとの相性が大切

理想のマイホームを完成させるには、建築会社との相性の良さも大切なポイントです。施主側のフィーリングとマッチする建築会社やその担当スタッフと組むことができれば、自身の理想が反映された唯一無二の住宅が完成するでしょうし、文句なしの住空間を手に入れることが期待できます。

さいたま県には数多くの建築会社が存在するため、マイホーム造りのパートナー選びで困ることはまずありませんが、どの建築会社が施主との相性が良いかは実際にコミュニケーションを取ってみない限り分かりません。そのため、パートナー選びの際は数社をピックアップし、顔合わせを繰り返すことで価値観が合うかどうか選定することが大切です。

マイホームは完成するまで膨大な時間が必要で、それまでの期間に新しい理想やアイデアが湧き上がってくることもあるでしょう。担当スタッフと施主との相性が良ければ、新しいアイデアにも柔軟に対応してくれる上に予算の調整もしやすくなるなど、家を建てる上での複雑な工程もスムーズに融通のきく流れにすることが可能です。

建築会社選びに失敗すると後悔する仕上がりになることも

施工担当の建築会社やスタッフなどの相性が良ければ、理想のマイホーム造りにしやすい環境が整いますが、反対に相性が悪ければ家の仕上がりも理想を叶えることが難しくなってしまいます。

優れた担当スタッフであれば、施工側の希望を詳しくヒアリングし、予算的に厳しい希望でもプロならではの代替案の提案などで施主の想像を超える素晴らしい仕上がりにしてくれるなど、親身になって対応してくれます。実現が難しいアイデアにも積極的に協力してくれる建築会社や担当スタッフと組むことができれば、後悔のないマイホーム造りが可能で、結果的に建売住宅と対して変わらない値段で購入できた事例も発生しています。

しかし、この住宅完成までにパートナー選びで失敗してしまうと、施主の希望を無視した理想とは程遠い仕上がりになってしまうことにも繋がりかねません。セミオーダーとはいえ、理想の住空間を構築するために工事を行うため、施工が満足の行く仕上がりでない場合だと再び着工する必要があり、予算の調整も難しくなってしまいます。

 

さいたま県は都心から少し離れた住みやすい街で、子育てもしやすいことからも人気の高い土地です。そのため、この地でセミオーダー形式での家を建てる場合は注意点をしっかり把握し、無理のない範囲で理想のマイホームの建築を考えることをおすすめします。理想が反映された住宅が完成されれば、さいたま県の住みやすさも相まって、この地での生活が豊かなものとなるでしょう。

さいたまの注文住宅メーカーおすすめ人気比較ランキング

商品画像12345
商品名昭栄建設株式会社株式会社高砂建設ポラス株式会社
(ポウハウス)
ナビホーム株式会社株式会社藤島建設
特徴断熱・気密性能に優れ、木材が持つ魅力を活かした住宅建築素材と耐久性にこだわり、「200年住宅」を実現異なる特徴を持つ【6つのブランド】でどんな要望も実現!火災や地震等の災害に強い自由設計の住宅を提供【6つ】の技術のこだわりを住宅建築に反映!
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
さいたまの注文住宅メーカーランキング!
Pickup!特に読まれている記事