さいたま市で注文住宅・分譲住宅を購入するのにおすすめ!【口コミで評判の工務店・ハウスメーカー人気ランキング!】

注文住宅の土地探しのポイント・土地の費用相場とは?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/31

注文住宅を建てようと考えた時に「何より土地を探さなければ始まらない」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかしながら、まずは住宅が完成するまでの流れを把握し、どのような家に住みたいのか理想のイメージを明確にしてから進めていくことをおすすめします。なぜなら建設する住宅の条件によって、最適な土地や選び方は変化するからです。
また、購入した土地に合わせて注文住宅を建築するのは、理想の追求が難しい状況になる可能性や後から余計なお金がかかる場合があり効率が悪いです。建ぺい率や容積率などの建築基本知識や土地相場の情報収集、土地を見極めるためのチェックポイントの整理、資金計画など事前に準備した上で土地探しを始めた方が良いでしょう。

良い土地探しの方法にはどのようなものがある?

せっかく土地を探すからには、ご自身にとって理想的な条件を求めたいですよね。そのためにはどのような手段で土地を探せば良いのでしょうか?
大まかには3つの方法に分けられますが、様々な可能性を考慮し多くの情報を集めることが良い結果に繋がるでしょう。

■自分で探す
この場合インターネット検索が基本的な手段になるかと思います。民間企業が運営している土地情報サイトには全国の売り出し中の土地が写真付きで分かりやすく掲載されています。
また各、区市町村の保留地や区画整理地を公式ホームページで確認してみるのも良いでしょう。先着順や抽選の場合も多く、自分の好きなタイミングで手に入れることは難しいかもしれませんが、仲介手数料なしで購入可能な場合や不動産会社では紹介されていない物件もあるため大変お得と言えるでしょう。

■ハウスメーカーや工務店などの建設業者に依頼する
住宅会社を利用すると「希望の住宅建設に条件が合う土地であるのか」を、法規制も含めて専門家に調べてもらうことが出来ます。
また、全て最初から一貫して対応してもらえるため、支払いに掛かる手間を省いたり、建設と土地購入時期を合わせられるなどのメリットがあります。住宅建設を行った場合には、仲介手数料を取らないことも多いです。

■不動産業者に依頼する
次の項目で詳しく説明をしますが、業者の規模によって違ったメリットがありますので確認しておくことをおすすめします。依頼する際には建築条件なしの物件を紹介してもらうと、問題が起きにくいでしょう。

不動産業者に相談・依頼をするメリット

不動産業者を利用する大きなメリットとしては、何と言っても買主と売主の間で取り次ぎをしてもらえる点にあります。価格のすり合わせや契約書作成などの手続きサポートの他、何かトラブルが起きた場合には、しっかり仲裁してもらえるという利点もあります。
個人での直接取引は、以前からの知り合いでもない限り双方の信用関係を築きにくく、成立させることは難しいでしょう。そのため業者を挟んで取引を行うことが一般的になっています。
また一言で不動産業者と言っても、タイプによって違った特徴がありますので、それぞれご説明したいと思います。

■有名な大手不動産業者
売主・買主両方の依頼、得られる情報量が多いことが特徴です。そのため新しい物件を見つけやすいというメリットがあります。
しかしながら、同じように物件を探している他の買主と競争になりがちですので、条件にぴったりの物件を見つけた時には素早く押さえておきたいですね。

■小規模な地域密着型不動産業者
地域の売主との繋がりが強く、大手では見つけにくい希少物件を見つけられることがあります。このタイプの不動産業者の選び方としては、現地に実際に赴き調査をすることがおすすめです。
各地域では不動産業者が何軒か営業していることが多いため、その土地で一番力を持っている会社を利用すると良いでしょう。地主さんとの繋がりが深い可能性が高いため、安い物件情報を持っていることがあるのです。判断基準としては「売出し中物件の看板の数」に注目するということが挙げられます。

土地探しにおける仲介手数料はどのくらいかかる?

不動産会社やハウスメーカー・工務店に土地探しを依頼すると、当然その手間賃として「仲介手数料」が必要になってきます。利用者側としては出来る限りお金をかけたくないところではありますが、トラブルリスクを抑えたり、書類作成をしてもらえることを考えれば、むしろお得なのかもしれませんね。
では、その手数料は会社によって違いはあるのでしょうか。実は売買する土地の価格に対しての上限金額は宅地建物取引業法で定められています。
具体的な数字としては税抜200万円以下の場合5%、200万円以上~400万円以下は4%+2万円、400万円以上で3%+6万円となっています。つまり、上限までの金額であれば業者側が自由に価格設定できることになるのです。
法律で定められていることで多大な金額になることはありませんが、業者によって差が出てくると言えるでしょう。ただし、前の項目でもお話しましたようにハウスメーカーや工務店の紹介で購入、建築した場合には手数料無しにしてもらえることがある上に、複数の業者と話し合う必要がありませんので検討してみても良いかもしれません。
また、個人間で取引を成立させた場合にも手数料は掛かりません。土地探しにおける仲介手数料とは、あくまで業者を間に挟んだ場合のみ必要なのです。

埼玉県の土地代の費用相場は?

さて、土地代以外にも手数料などの費用がかかるということはお分かり頂けたかと思います。そして実際に「土地代自体をどの程度に見積もれば良いのか」は一番知りたい部分ですよね。
残念ながら、この場で全国各地の相場をお話しするスペースはありませんので、適正な土地の価格を調べる方法と埼玉県の土地代相場に内容を絞って記載します。

■適正価格の調べ方
土地の適正価格を知るために、まずは業者などで売買されている実際の価格はどのように決められているのか知っておきましょう。簡単に説明すると、これは「実勢価格」と呼ばれており、そのエリアの取引実績や国土交通省が発表している「公示価格」、国税庁が管理している「路線価」などを参考に見積もりが行われています。
この中でも特に参考になるのは比較的、実勢価格に近いとされている「公示価格」です。国土交通省の「土地総合情報システム」では公示価格はもちろん、実際の不動産取引価格も見ることが出来るため大変おすすめです。(全ての取引が掲載されているわけではないため注意してください。)

■埼玉県さいたま市の場合
ここで最後に、埼玉県さいたま市浦和区北浦和で70平方メートル程度の土地を探していることを想定して費用相場を調べてみたいと思います。土地の相場は日々変化しますし私の個人的な見解にはなりますが、2019年3月時の公示価格や取引実績を見ると、総額2400万~3100万円程度で取引されていることが分かりました。
駅からの距離など細かい条件も見ることが出来ますので是非参考にしてみてくださいね。

まとめ

注文住宅を建てる時の土地探しは、まず情報収集、家のイメージづくりから始めた方がトータルで考えると効率が良いです。良い土地探しの方法には、土地情報サイトなどから自分で探す方法の他にハウスメーカーや工務店、不動産会社に依頼をするという手段もあります。
また、不動産業者に相談・依頼をする大きなメリットとしては、売主、買主間の取次ぎをしてもらえることやトラブルリスクを抑えられることが挙げられます。不動産業者の規模によっても違った利点がありますのでご自身に合っている方を選びましょう。
そして、仲介手数料の上限は法律で定められているため、膨大な金額になる心配はありませんが業者によって金額に差が出てくることには注意しておいてください。土地の適正価格を知ることは土地選びの際に大いに役立つでしょう。

さいたまの注文住宅メーカーおすすめ人気比較ランキング

商品画像12345
商品名昭栄建設株式会社株式会社高砂建設ポラス株式会社
(ポウハウス)
ナビホーム株式会社株式会社藤島建設
特徴断熱・気密性能に優れ、木材が持つ魅力を活かした住宅建築素材と耐久性にこだわり、「200年住宅」を実現異なる特徴を持つ【6つのブランド】でどんな要望も実現!火災や地震等の災害に強い自由設計の住宅を提供【6つ】の技術のこだわりを住宅建築に反映!
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
さいたまの注文住宅メーカーランキング!