さいたま市で注文住宅・分譲住宅を購入するのにおすすめ!【口コミで評判の工務店・ハウスメーカー人気ランキング!】

土地って値引きしてもらえるの?交渉の仕方や注意点を解説!

公開日:2023/12/15  最終更新日:2023/07/06

注文住宅を購入する際、土地購入からスタートする方も多いでしょう。土地は家づくりにおいて重要なポイントであり、求める条件にマッチするところをできるだけ安く購入したいと考えるのは当然であり、「値引き交渉可能なの?」と疑問に感じている方が多いでしょう。そこで本記事では、土地の値引き交渉について解説します。

値引き交渉はしてもいい?値引き交渉しやすい土地の特徴とは

結論として、土地の値引き交渉自体は可能だといえます。土地の売主も買手がつかない土地に、固定資産税などの維持費がかかり続けることに悩んでいるケースも多く、少しでも早く売りたいという気持ちから交渉に応じてくれるケースがあります。

しかし、必ずしも値引き交渉に応じてもらえるわけではなく、購入希望者が十分な情報を持ち、適切な交渉ができれば、値引き交渉は成功する可能性があるといえます。

また、事前に情報収集を行い、マナーを守って値引き交渉をしたとしても、値引き交渉の成否は売り主によって左右されます。

というのも、時間をかけてでも提示してくれている価格で売りたい、これ以上値段を下げたくないといった考えを持っている売り主もいるため、そのときの状況や意図、交渉に応じる意思などが重要な要素となるからです。

つまり、一部の売り主は値引きに応じることがありますが、なかには値引きを拒否される場合があると認識しておく必要があるでしょう。

また、人気エリアなどで値引きをしなくても将来的に売却できる見込みがある土地の場合、値引きに応じてもらえる可能性が少なく、値引き額も限定される傾向にあります。土地の価値は地域の需要や将来の可能性によっても左右されるため、売り主が容易に大幅な値引きを受け入れることは少ないと認識しておきましょう。

では、値引き交渉しやすい土地の特徴について見ていきましょう。

値引き交渉しやすい土地の特徴その1:長きにわたって売れ残っている

土地情報を掲載し始めてから数か月以上、もしくは1年以上経過している場合、値引き交渉のチャンスがあると考えられます。売り手は土地を手放したくて売りに出しているため、早急に売却したいと考えられることから価格の引き下げに応じてもらえる可能性があります。

値引き交渉しやすい土地の特徴その2:告知義務がある・周辺環境が良くない

告知義務とは、売主や不動産業者(仲介・売主含む)は、買主の立場として「最初から知っておきたかった」というような情報について、契約締結前に伝えなければならないというものです。

具体的には事件などで人が亡くなっている、地盤が軟弱であるなどが挙げられ、売りにくい事情があるので値引きに応じてもらいやすいといえます。

また、騒音や公共交通機関がない、目の前がゴミ収集場であるなど周辺環境がよくない場合も、需要が低いことから値引き交渉に応じてもらいやすい土地だといえます。

このような、何らかのマイナス要素がある土地は、売れ残りのリスクやマイナスの影響を評価して、値引きしてもらいやすいといえるでしょう。

値引き交渉しやすい土地の特徴その3:建築条件がなくなった土地

一部の土地には、売り主が建築条件を設けることがあります。しかし、何らかの理由で建築条件がなくなった土地は、売主が早く現金化したいなど事情を抱えている可能性があるでしょう。

きちんと建築条件が無くなった理由をヒアリングしたうえで、状況に応じて値引き交渉を進めると成功する確率が高くなるといえます。

このように、値引き交渉においては、購入者が事前に土地の情報を収集し、市場価値や競合物件の状況を把握することが重要です。また、交渉の際には、相手方の立場を理解し、相手のニーズや目的を考慮することも大切です

どれくらい値引きされるのか

土地を購入する際、どのくらい値引きしてもらえるのか気になるところでしょう。

結論として、一般的にいわれる土地の値引き幅は、販売価格の1割程度です。ただし、この割合は目安であり、実際の値引き交渉の成果は土地の需要や状況によって異なります。

また、1割を目安にするなら、3,000万円などの高額な土地では300万円の値引き交渉ができるという計算になりますが、数百万単位の値引きはむずかしいので覚えておきましょう

土地の価格は、地域の需要や供給バランス、周辺環境などに影響を受けます。

もともと高額な土地はそれだけ評価額が高い土地なので、数百万円も値引きしなくても売れる可能性が高く、数百万円単位の大幅な値引きを受け入れてもらえる可能性は少ない傾向にあります。

そのため、土地の値引き交渉を行う場合、1割の値引きというのはあくまで目安であり、端数切り程度に考えておくことをおすすめします。

そもそも値引き交渉に応じてもらえない可能性も高いため、値下げ交渉の際には端数切り程度の金額を考えておき、値引きしてもらえることだけでも良かったと考えるようにしましょう。

値引き交渉は、購入者と売り手の相互の利益を考慮しながら行われます。土地の需要と供給、市場の状況、競合物件の存在などを考慮し、適切なタイミングで交渉に臨むことが重要です。

また、相手方の立場や意図を理解し、希望の値引き額に達さなくても妥協点を見つけていくことが交渉の鍵だといえます。

土地の値引き交渉の仕方と注意すべきポイント

土地の値引き交渉は慎重に行う必要があります。マナー違反にあたる値引き交渉を行い、売り手が売却したくないと考えてしまえば、せっかく条件のよい土地を見つけても買うことすらできません。

そのため、値引き交渉を行ったうえで希望の土地を購入するためには、いくつかののポイントに注意することが重要です。

相場を外れる価格を提示しない

値引き交渉の際、予算内に納めたいなどの理由で相場を無視し、相場を大幅に下回る価格を提示することは避けるべきです。売り手にとって不合理な価格提示は、交渉をむずかしくするだけでなく、売買契約の妨げとなる可能性もあります。

相場価格や類似物件の価格を調査し、合理的な範囲内での値引きを提案しましょう。

「値引きしないなら買わない」と宣言しない

値引きしてほしいという気持ちから、つい強気な表現を使いがちですが、攻撃的な態度や脅しは避けるべきです。売り手との関係を悪化させ、契約自体が破断になる可能性があります。

相手とのコミュニケーションを重視し、建設的な交渉を心がけましょう。

元の価格での購入希望者が現れたら買えなくなることも認識しておく

条件のよい土地は争奪戦であり、自分が購入を希望する土地は他の人にとっても魅力的である可能性が高いです。値引き交渉中に、元の価格での購入希望者が現れる可能性もあり、このような状況では、元の価格での購入希望者に土地を売却されるケースが多い傾向にあります。

売り手にとってはどちらが早く交渉を始めたのかではなく、どちらが高く買い取ってくれるかが重要なポイントであることを意識しておきましょう

まとめ

注文住宅を建てる際、できる限り安く条件のよい土地を手に入れたいと考えるのは当然です。土地の購入においては、場合によって値引き交渉に応じてもらえることがあるので、売り手の様子を見てマナーを守りながら交渉してみましょう。

値引き交渉自体は珍しくありませんが、無理に値引きを迫ったり、大幅な値引きを要求したりすると関係を悪化させて元値でも販売してもらえない可能性が高まります。そのため、値引き交渉をするときは、注意点を押さえて交渉を進めるようにしましょう。

さいたまの注文住宅メーカーおすすめ人気比較ランキング

商品画像12345
商品名昭栄建設株式会社株式会社高砂建設ポラス株式会社
(ポウハウス)
ナビホーム株式会社株式会社藤島建設
特徴断熱・気密性能に優れ、木材が持つ魅力を活かした住宅建築素材と耐久性にこだわり、「200年住宅」を実現異なる特徴を持つ【6つのブランド】でどんな要望も実現!火災や地震等の災害に強い自由設計の住宅を提供【6つ】の技術のこだわりを住宅建築に反映!
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
さいたまの注文住宅メーカーランキング!
注文住宅コラム
その他注文住宅メーカー